てっしぃ的生涯 趣味と仕事がごっちゃになった人の日記  本業は週末鉄道員 趣味は模型屋 人生いっぱいいっぱいです。

てっしぃ的生涯

最近の記事
ブログ移転のお知らせ
04/30 22:53
GW期間中の通谷電停…
04/30 00:05
大牟田市内線204号…
04/21 18:48
南線開通
04/13 22:58
バスコレクション高速…
03/26 20:23
最近のトラックバック
【ネットができる宿|…
02/28 21:19
1/80 スマートル…
07/24 23:37
西鉄天神大牟田線 8…
08/17 16:49
西鉄天神大牟田線 6…
08/17 16:48
土佐電氣鐵道「500…
03/14 09:11
最近のコメント
幸町!私が長年過ごし…
arichan 02/17 12:49
そのタクシーの部品の…
ドリームにちりん 01/29 01:19
↑の方に同じく改造車…
にし 01/17 02:18
踏切を渡っているシー…
さくぞう 01/04 02:04
販売の予定はないので…
やま 12/23 18:46

模型の作り方3  タンポ印刷

模型の細かい塗装を表現する方法としてタンポ印刷という方法が取られます。簡単に言うと、一色の塗料を樹脂で吸い取って判子の様に模型に載せていくのです。

これを一色一色、一箇所一箇所、丁寧に載せていきます。
バスによっては100箇所を超えるタンポ作業を行っていきます。

動画はこちら
http://one-mile.coolblog.jp/IMGP7632.MOV
重いです・・・。



タンポ印刷機全景


印刷するデザインをエッチングで掘り込んでおいて、そこの窪みに塗料を残し、それを白い樹脂が吸い取って、模型に載せます。
模型は治具で固定され、正確にのせられていきます。


実は単純な構造で、人力で調整しながら一色一色作業していきます。


タンポ印刷の最中のめろバスが工場中に転がっています。


あら、こんなところにもメロンちゃんが・・。


こちらでは前面にタンポ印刷をしていました。


あがった前面を入念に出来をチェック。
擦れやし損じがないか、確認です。


この様に、多色を丁寧に色を載せて完成に向かいます。
日本で我々がプラモデルを作る場合、この様な箇所はデカールかインレタになりますが、工場ではこの様に塗料で表現しています。
お家で模型をじっくり眺めて、この表現がどの様に作られているか考えてみるのも面白いですよ。
模型 | 投稿者 てっしぃ 23:50 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
<<  2009年 4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Web-Rail Blog 大学鉄研の大先輩にあたり、ライターをされているワシ氏のブログ。 特に西鉄電車への深い愛情と都市交通全般からの洞察を感じるブログは必見。         駅長猫コトラの独り言~旧 片上鉄道 吉ヶ原駅勤務~ 片上鉄道の駅長猫コトラのご主人 ぱぱぱ猫さんのブログ 片上鉄道北部運転分室 所謂「神」なお人です。
ホビダス[趣味の総合サイト]