てっしぃ的生涯 趣味と仕事がごっちゃになった人の日記  本業は週末鉄道員 趣味は模型屋 人生いっぱいいっぱいです。

てっしぃ的生涯

最近の記事
ブログ移転のお知らせ
04/30 22:53
GW期間中の通谷電停…
04/30 00:05
大牟田市内線204号…
04/21 18:48
南線開通
04/13 22:58
バスコレクション高速…
03/26 20:23
最近のトラックバック
【ネットができる宿|…
02/28 21:19
1/80 スマートル…
07/24 23:37
西鉄天神大牟田線 8…
08/17 16:49
西鉄天神大牟田線 6…
08/17 16:48
土佐電氣鐵道「500…
03/14 09:11
最近のコメント
幸町!私が長年過ごし…
arichan 02/17 12:49
そのタクシーの部品の…
ドリームにちりん 01/29 01:19
↑の方に同じく改造車…
にし 01/17 02:18
踏切を渡っているシー…
さくぞう 01/04 02:04
販売の予定はないので…
やま 12/23 18:46

大牟田市内線204号里帰り

元西鉄204号を光市より譲渡を受け、大牟田へ移設しましたのでご報告致します。

2002年にふるさと鉄道保存協会、北九州線車両保存会の有志による一時塗装をさせて頂き、以来頻繁に通えず、本格的な修復が出来ず、心苦しく思っておりました。
この度、大牟田市の有志の方々により募金活動と土地の提供を頂き、204号を福岡大牟田の地へ持ってくることが出来ました。

光での積込みの風景は多大なご助力を頂き、一緒に光へ作業に行って頂いたワシさんのブログで紹介されています。
ついに里帰りを果たす!! 大牟田を走った元西鉄204号
積出では私は大暴れ、七転八倒なので記録撮影も出来ず。でしたが、ワシさんのブログで上がっている様に引出で動く204号は感動的でした。

そして4月20日早朝。


福岡県は昭和50年以来36年ぶり、大牟田は昭和27年以来59年ぶりに帰ってきたことになります。
おかえりなさい。


まずは先日敷設した南線に台車を降ろします。
木南の軽量台車で戦時中の生産の特徴的な台車であることが良く判ります。
気休めかもしれませんが分解した機会に各部へ注油しときました。


ワイヤーで吊って車体を設置です。


設置完了。
見ての通りの荒廃振りです。
喜んではおれません。これから本格的な活動の開始です。
ぼちぼち作業を進めていきましょう。

光市の市民の皆様、光市図書館様、土地を貸して頂いた大力茶屋様、204号の会へ寄付頂いた皆様、ありがとうございました。
また2002年以来、204号に関った全ての方にお礼を申し上げると共に今後とものご支援宜しくお願いいたします。
是非大牟田へ204号に会いにお越しください。

場所は大牟田市、新大牟田駅近くの大力茶屋様の駐車場です。
大力茶屋様には土地を使わせて頂きましたので見学の際は是非うどんを食べて行ってくださいね。^^
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 18:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

南線開通

福岡に軌道線の復活を本気で目指すわたくしに新線建設のチャンス!
南線建設がスタート。
のべ6人で二日の突貫工事で南線は開通。
将来は千年ほどの時間をかけ福岡県を縦断する軌道線の全通を目指します。

あんまり本気でとらないでね。
やってることは真剣ですけん。


まずは枕木を80cm間隔で並べます。


レールきました。30kレール。
安い、軽い、1435mmに細いレールっていいよ。萌えるわ。


位置決めをし、大体でレールを並べます。
ここからは技術がいります。
基準点を定め、1435mmを取りながら、ドリルで穴をあけ、犬釘を打ち込んでいきます。


犬釘打ちに大活躍される御歳70超えとのこと。
わたくしも犬釘打ちには毎回へろへろになりますが本当にお元気です。
負けてられんですわい。


砕石来ました。ざー


低い側を中心に砕石を下ろして貰い。
基準点からデジタル水準器で水平を取り、レーザーを当てながら上げる位置を決めます。
バールで枕木を最大50mmほど持ち上げると砕石が枕木下に入っていきます。これを慎重に左右方向、上下を微調整し水平な線路に調整していきます。水平が出たらバールで付き固め、最後に足りない場所に砕石を撒いて完成です。


線路大好き。
これがあればもうお腹一杯。
話はもう少し続くんじゃ。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 22:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

天竜二俣キハ、ナハネ公開行ってきました

11月13.14日
今週は静岡県浜松市天竜二俣の「天竜レトロトレインクラブ」にお手伝いに行ってきました。
金曜日は資材運びを行い作業日、土日は公開日でした。
前回行ってから一年以上が経過している間に、会員の努力でキハ20のエンジンがかかり、ナハネの電気復活など見違える姿になっていました。


金曜日、半日エンジンをかけてアイドリングさせておきました。20年以上かかっていないエンジンをよくぞここまで直したものだと関心。
静かな天竜二俣駅にDMHエンジンが響き、まるでこれから出庫するかのよう。


土曜日夜はライトアップです。
車内の電灯が灯り、いい雰囲気です。


最初、埃だらけだった車内からは想像も出来ない状態です。
シートに腰掛け、物思いにふけるのも良いものです。


21世紀にナハネ20のオリジナル3段寝台車内を体験出来るのはここだけ。しかも今夜はお客さんもまばらでゆっくり楽しめます。
車内には「さくら」の車内音や車掌アナウンスが流れる演出。
何とも贅沢な時間です。


寝転んで頂くのも可能です。^^



日曜日は天浜線フェスタと同時開催。
多数のお客様にご来場頂きました。


車内にはボランティアが立ち、ご案内です。
挨拶を第一でお迎えしました。気持ちよく見て頂けたでしょうか。


\100の記念切符で寄付を頂いた方にドアスイッチ、放送装置などの車掌体験を頂きます。


ご来場頂いたお客様、ありがとうございました。
ボランティアスタッフの皆様おつかれさまでした。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 14:33 | コメント(1)| トラックバック(0)

天竜レトロ・トレインクラブからのお知らせ

今週末、浜松市天竜二俣で活動する天竜レトロ・トレインクラブで車両公開を行います。
14日は天竜浜名湖鉄道のお祭と同日開催になります。


画像クリックでHPへ

当日は私もお手伝いに行ってきます。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 17:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

片上鉄道303


今日のお題は片上鉄道の303。
キハ41000であり、稼動可能な国鉄型気動車で最も古い車両です。
ご老体ですので色んな問題はあるものの、今日もエンジンがかかって走ることができます。

この車両の窓下の痛みが激しかったので、板金の上、再塗装しました。
6月頭から作業開始です。


前面、何度も重ねたパテと塗料で凸凹になり、鉄板には穴が開いていました。錆を取って、パテで成型です。


側面も、ドア下などが腐食が激しくやりかえ。また側面も長い部分補修で凸凹です。削ってはパテを盛っていきます。


片鉄オリジナルのライトも穴が空いていたた為、補修。


6月末には塗装まで出来ました

一ヶ月で終わらせないと次回の展示運転に間に合わないっっっ。



そして・・・。6月第四の状態から
7月第一日曜日には本務702、予備303で展示運転運用が決定。
本務702に万が一の場合は予備303が出て行くことになり、このままでは格好が付きません。
焦る焦る・・・。
細部の仕上げに至っていなかったので急遽カッティングシートで国鉄フォントを貼り付けてお茶を濁します。
7月展示運転には参加出来なかったので見れませんでしたが、結果的に本務702がトラブルで午後から予備303で急遽運用したとのこと。このまま走りましたとさ。

8月に仕上げ。はみ出しの修正や連結器ジャンパなどの部品単位での仕上げをします。最後に片鉄フォントで表記を入れて完成。


表記は写真よりトレースしたデータでカッティングシートを作り、マスキング。筆で入れていきます。
これでほぼ現役時代の表記になるはずです。


塗り塗り。


カッティングシートを剥がして・・。
はみ出しがないかドキドキ。やった!


8月展示運転にはいよいよ303が本務運用。
床下が清掃グリスアップされ、ブレーキの状態も快調。
鮮やかな赤車体で一日会員さんをお出迎えです。
綺麗になったねっとシャッターを切って頂けるのは
いやはや嬉しいものです。^^


駅長もご満悦です。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 13:37 | コメント(1)| トラックバック(0)

また新たな新線を開業させた話

ご無沙汰ですいません。
前回の更新から一ヶ月近く空けちゃいましたね。
色んなことしてて忙しかったんですよ。
生きてますか~?とのメッセージを頂くに及びそろそろ更新しないとまずいかなと思う次第です。

何してたかって?
線路引いたりしてました。
特命ミッションを帯びて某所へ新線を引きに行った話。
4日間、日本を横断しながらの長く楽しい旅。


まずは枕木を手に入れに行きます。
枕木選び放題、廃線になった某鉄道、某線、何でもありますよ~。
今回は新線建設用なので中古と言えども状態の良いのを選びます。


トラックへ積込みいざ東へ出発。
次はレールです。

着いたのはお馴染み吉ヶ原駅。

鉄道に厳しい風が吹き荒れる昨今ですが、そんな世間に逆行しながら
いつまでも懐かしい鉄道風景のまま時間が流れていきます。


ここで37kレール12.5mを4本譲って頂きます。
このレール山から運び出します。


近くまでクレーンが入らないので人力で第4踏切まで引き出していきます。


第4踏切内でクレーンで吊っていきます。


レールも積めました。
さぁ東へ向かいましょう!

さてさて翌日


到着。
何だか無造作に置いたみたいだけど・・・、
翌日の作業の為、現地の調査をしたところ、現地が傾いていることに気付く。入れた土砂だけではどうしようも足りなさそう。
追加砕石を16t緊急手配です。

更に翌日

早朝から作業開始。
24tの砕石を人海戦術でならしていきます。


ある程度ならしたら実測していきます。
片上鉄道からお借りした水平器。
デジタルで水平を測り、基準点からレーザーを照射してミリ単位で砕石の多少を見ることが出来ます。


25m先へ照射したレーザーで位置決めをすることができます。
センターに糸張りをして、いよいよ枕木を並べていきます。


もちろん枕木並べも人力です。
水平の糸張りに注意しながら並べていきます。


枕木が並んだらレールを置いていきます。
センターラインを中心に1067mmを決めて犬釘を打ち込んでいきます。
ここまで来ると嬉しい。^^
何やらにやけた我輩が・・。


そして微調整。
あと1cm上、右!とか言いながら微調整をかけていきます。


いよいよ線路っぽい形が出来上がってきます。


そして、ここまで完成。最終的な完成までにはこれから搗き固めと微調整が必要です。
いよいよ25mの新線が開業です。^^


本ミッションに参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
片上鉄道の皆様ありがとうございました。

次の展開を楽しみにしております。














鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 15:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

天竜のキハ20、ナハネ20の公開のご案内です

天竜レトロトレインクラブよりお知らせです。


画像をクリックすると大きくなります。


3月20.21日で公開を行います。
特に20日夜は夜間ライトアップも行われます。
是非お越しください。



車内でグッズ販売もあります。
ブルートレインのグッズを送りますのでお楽しみに。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 23:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

片上鉄道再び


片上鉄道保存会の展示運転が10月4日の第一日曜日から再開します。

http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/


再開が未定な時期もありましたが
一年間、リフレッシュ工事を行い、展示運転が出来る様になりました。
これからまた第一日曜日を中心に展示運転を行うとのこと、
あと、何年続くことになるのか判りませんが、昭和初期の車両が動き続ける奇跡の光景を見届けてください。




鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 20:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

200形福岡タワーに降立つ

200形がいよいよ旅に出ました。
がんばってこいよ~ ^^


福岡タワー外壁に映る200形
なんだか現役時代に駅で並んだ様な光景。

平成21年7月17日金曜日


早朝、輸送業者が集まり打ち合わせ
既に屋根は撤去清み

私は吊り上げ時は通行止めの為、立ち会わず。
画像がありません、すいません。


あっという間に一時間ほどで運び出された。
ここから福岡市内まで輸送開始。


福岡タワーに無事到着。


今回は枕木で展示線を敷設。
枕木間隔も多めにとっておきます。


まずは台車をとり降ろし。重さは3トンとのこと。


続いて、車体。こちらは4トンでした。


最後にパンタグラフを固定し、掃除をして完成です。


18日より、26日まで展示中です。
鉄道模型と科学展入場チケットをお持ちの方は車内も見学出来ます。

鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 20:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

200形を整備

我が家に秘蔵(?)されていた200形を整備しました。
別に隠していた訳ではないのですが、20年ほど家に居ます。
平成元年に廃車になり、さよなら運転にも使った211号を譲って頂きました。211号はドアが狭いドアのままで原型に近い形態をしていたので選んだそうです。
その後でオフィシャルで3両216+65+220が動態で残ることになり、じゃぁということで、輸送もし易い運転席部分だけカットして家に運び込んで来ました。
その後の流れと、やっぱり1両丸々がよかったという痛い教訓もありました。

そして平成21年・・・。
話せば長くなりますが、様々な大人の事情で実家が100m移動することになり、秘蔵っ子も移動することに。
一度移動させると、もうそうは動かさない〈簡単には移動できませんしねぇ)ついでだから18日からの福岡タワーのイベントで飾っちゃえということになりました。
人様に見てもらうとなると結構痛んでいて、これは人様に見せられないということで急遽整備をすることにしました。


朝から入れ替わり立ち代り、輸送業者や関係各社と打ち合わせ。
どうやってこの狭い場所から出すか大激論です。
入ったと言うことは出せるはずなんですが・・・。^^!


作業用、展示用に枕木を購入。
ユニックで降ろしておきます。


これ外れるよなぁ・・・。


ここの寸法はどうかな。
輸送業者さんは手早いですなぁ。


色々痛んだ場所が多くて補修。山家式でやれることは自分達でやって費用を安くあげないと・・。
ここまで2日。簡単にやるつもりが本格的にやってしまった。


特に木製のドア、窓の痛みが凄いです。


マスキング終了。やっと塗装開始。
錆止め部分が今回の補修箇所。


上半分、塗り上げ完了。
ここから下半分。しかし例の如く、下半のマルーンは隠蔽力が弱く塗り上げには晩までかかってしまい、終了は夜になってしまいました。
仕上げ状態はまた次回。

18日~26日に福岡タワーでの鉄道模型と科学展にて福岡タワー正面入り口で特別展示します。
http://one-mile.coolblog.jp/omochashow/
車内も見学可能です。是非お越しください。慌てて整備して間に合わせます。^^




鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 23:43 | コメント(1)| トラックバック(0)

天竜レトロ・トレインクラブよりお知らせ



私も参加させて頂いている、浜松市天竜で活動している天竜レトロ・トレインクラブ から告知です。


天竜レトロ・トレインクラブ メンバー募集中です!

ただいま、天竜レトロ・トレインクラブ(TRTC)は
メンバーを募集しています。
私たちと一緒にキハ20とナハネ20の修復活動を始めませんか?
自分の手で磨き上げた車両でイベント開催!
いろんな貴重な体験が出来ますよ。楽しくやりましょう!
参加資格は、小学校高学年以上からです。
浜松市民の方はもちろん、県外の方も大歓迎です。
お問い合わせは・・・リーダー・y-y@mug.biglobe.ne.jpまで。
ホームページ  http://furutetsu.coolblog.jp/tenryuu/







天竜のみなさんの良い所は年齢層が幅広いこと、そして何より自分達の力で一歩一歩進んでいる所だと思います。
これって、お金や権力では絶対に成功出来ない本物の鉄道保存だと思います。歩みは遅いかもしれないけど、決して簡単には終わらない継続する活動。大げさに言うと、今、日本に最も求められる草の根形態じゃないかなと思います。
全国で小さな芽が沢山育って、やがて大きな花が咲くと良いな。

鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 00:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

線路がなくなる・・・・。

片上鉄道の本線は300m
たった300m、されど300m
乗ってしまえば1分もかからない、風景は田舎の何でもない風景。
しかし300mの維持にどれだけの労力を必要とするか、廃止されて17年間そのままの状態で残り、10年間月一回だけだけど列車が走ってきた線路が未だかつて日本にあったでしょうか?
ここはは奇跡の300m。


本線300m
動態保存列車は本線を走り、折り返し地点でエンド交換を行う。
分岐を切り替え、踏切が降り、信号係からの無線が入る。
今、正に出発信号が青を現示しようとする。
緊張が走る瞬間だ。

その光景はまるで現役の時の様だ。

ベネチア映画祭へ出た北野武監督のアキレスと亀ではこの300の本線でロケが行われました。
http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/
http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/akiresu.htm
予告編で702号が本線で佇んでいます。


折り返し地点に佇む303号、線路はこの先で虚しく途切れている。
奇跡の線路は途切れ、その先には鉄道の廃止という現実が待つ。
でもここだけは変わらない は ず だ っ た ・・・・。


この奇跡の300mに暗雲が立ち込めることになってしまいました。
美咲町緑町地区の道路整備にともない、「柵原ふれあい鉱山公園」第2駐車場北側への道路敷設および、旧片上鉄道の軌道を一部撤去し、道路用地とすることになったとのこと。
これらは生活道路であり、その建設は十分に理解出来るのですが、この線路を簡単に撤去してしまうのも余りに惜しいことだと思います。

この300mが片鉄の現役そのものの風情を残す大きな魅力であり、多くの方に感動を与えられるものだと思うのです。
今一度、計画を練り直し、少しでも景観に配慮出来る形での線路の保存は出来ないものでしょうか?

まずは保存会で署名活動を始めました。
どこまで出来るかは判りませんが、多くの方に知って頂き、署名を頂きたくご協力をお願い致します。またこのことを広めて頂きたく存じます。
そして、署名だけでなく、この奇跡の線路をお訪ね頂き、この線路の意味を感じて頂ければ幸いです。


『 旧 片上鉄道の情景保存と 展示運転の現状維持を求める請願 』
http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/syomei.html


いち鉄道ファンとして、多くの鉄道の廃止を見てきました。
その度に何も出来ない自身の無力さを感じてきました。
今、一度は廃止の憂き目に遭いながらも、奇跡的に生きてきた小さなおとぎの国の鉄道まで廃止(?)されようとしています。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 00:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

天竜二俣七夕イベント

今週末は天竜二俣での七夕イベントに顔を出して来ました。
いよいよナハネも仕上がり、車内の電気機器も動き出してきました。

暑い中、お越し頂きました皆様、イベントを影ながら支えて頂いた皆様ありがとうございました。
そして、修復からイベントをまで頑張っておられるボランティアスタッフの皆様お疲れ様です。


高校生スタッフが作ってくれた手造りヘッドマーク。
夏の強い日差しを浴びてキハ20が輝きます。
保存には屋外は厳しいけど、やっぱり屋外が現役っぽくていいです。
僕らは「現役」を残したいのであり、博物館の展示物とはちょっと価値観が違う、ある意味究極の保存形態っと・・。色々思ってみる。


ナハネも完成しました。
青15号が美しい。


表記は実は山家製作所製、大宮工表記でいつでも鉄道博物館のナハネフと連結して旅に出れるようになっている??


浜松城北工業高校 メカトロ研究部SL班のご協力で特別運転会を行って頂きました。凄い出来です。
僕らも興味しんしん。


バッテリー新幹線もあります。


キハは24V回路が動くようになりました。蛍光灯が付いて、扇風機が回り始めると汽車旅に出発したくなりますねぇ。

そして夜が更けて・・。
照明と、蝋燭の準備が始まります。


ライトアップされるキハ20


車内も夜汽車の雰囲気満点です。
18切の田舎列車の旅でお客さんは一人だけ・・、今夜は何処で泊まろうか、なんて思い出が蘇ります。


ナハネ車内も電気が灯ります。
20系のあさかぜ、乗ってみたかったなぁ~。
これで博多まで来ていたんだねぇ。




「 岸さん見てくれてますかねぇ 」 ^^
「 そこら辺で見てますよ 」 ^^

鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 12:22 | コメント(2)| トラックバック(0)

旅人の枕木交換機KHR-106A君のお引越し

 今回は幸運な旅を続けてきたとあるモーターカー君のお話。
昨日は蒲原鉄道廃止時に譲り受け、遠く岡山で保存されたきた枕木交換機KHRー106Aに新しいお引越し先が見つかり輸送を行いました。


去年の静態保存中の姿。


自走で貨物側線に移動し、輸送に向けて待機中。
片上鉄道の車両達ともお別れです。


「お迎えにあがりました。」


釣り具を通します。綺麗に吊れるか。


見事ふわりと持ち上がりました。


「おぉぉ?俺はどうなるのか?」
またしても吊られて、KHR君眠そうです。


ついでに三番線の裏にある微妙に使えない信号機も撤去します。
現役時代からこの場所にあったそう。
一旦ばらして組み立てなおしましょう。
・・・。中々抜けない。


長年の蔦が絡まり、抜けませんね。除去。


基礎ごとズボッと抜きました。
整備の上活用しましょう。


鉱山公園、片鉄保存会の皆でKHR君をお見送り。


「いざ参らん」


昼飯休憩 



新潟から遠く離れて岡山へそして更に西へ。
「俺は何処まで連れていかれるんじゃ~」


到着ですよ。


おぉ?線路があるじゃないか。


同じく吊っていきます。


無事安置。
「ここは何処じゃ~?」


新しいお仲間キハ28君です。

と言うことでKHRは広島県の可部線加計駅跡で活動されているキハ28保存会さんへ引き取られることになりました。
長い間本車両の保存、輸送に携わられた皆様本当にお疲れ様でした。これからも末永く活躍することを祈っております。


わが国で現存最古級のマクラギ更換機 「KHR-106A 」

 マクラギ更換機「KHR-106A」とは

 マクラギは、レールの位置と軌間を一定に保ち、列車の荷重と圧力を、道床などに広く分散させる役割があります。このため、マクラギ更換作業は、列車を安全に走行させるために最も重要な保線作業のひとつです。その作業は、鉄道の創業期以来、人力によって行われてきましたが、1964(昭和39)年に熊谷組によって、マクラギ更換作業の機械化を実現する「マクラギ更換機」が開発されました。これにより、多大な労力により実施されていた古マクラギの撤去と新マクラギの挿入が、安全かつ省力的に実施できるようになりました。

 マクラギ更換機は、KHR-106に始まり、その後106A、106B、106C、106C1、106C、106Dの各形式が誕生して活躍しました。これらは長年にわたる活躍の末、その多くが後進に道を譲って姿を消してゆき、2006年現在では、唯一原型をとどめて現存しているのが、このKHR-106Aの本機となっています。
 KHR-106Aは、1968(昭和43)年に製造され、国鉄で活躍ののち、新潟県の蒲原鉄道に譲渡されて活躍を続けました。1999(平成11)年10月に蒲原鉄道が廃止となってからは、ボランティア有志の方と手を携えて「ふるさと鉄道保存協会」が譲受し、岡山県の柵原ふれあい鉱山公園で「旧柵原町と美咲町」「片上鉄道保存会」の協力で保存されてきました2008年に広島県の「キハ28保存会」が譲受し現在に到ります。
 縁の下の力持ちである保線車両は、華やかさな存在ではなく、趣味的に関心を示されることも少なくため、保線車両が保存されるケースは少数に留まっているのが現状です。本機は幸運にも、その価値を理解した方々の善意と熱意により今日まで残されてきました。
 本機の果たした役割は、労働環境を改善するなど重要なものがあり、かつ同シリーズの中で現存する唯一の存在であるなど、その価値は高いものと考えられます。

KHR-106Aの諸元

全長5700mm
全幅2600mm
全高2800mm
自重9t





PS KHRについてはこれまでの経緯などぼちぼちブログで書いていきますね。

鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 12:00 | コメント(1)| トラックバック(0)

621屋根集中工事

1月第二 三連休 山家


僕ら元気やね~。
待ちに待った三連休!正月以来、仕事している日よりここにいる時間の方が長いような・・。


桂川側の右側運転席のパネルを組み立て終わりました。
要はばらしたのが元に戻っただけですが、色々綺麗になりました。

ドアコックのカバーが気持ち悪いぐらい綺麗に。^^
会員I氏が全部色を剥がして再塗装したとのこと。


正月明けに雨が降ったようです。
何やら621車内に雨が染込んだ後があり、嫌な予感です。
屋根が傷むと保存車両の寿命がまた一歩縮みます。
早く対策を施さねば。

屋根に登って雨漏りの原因をさぐっていくと・・。

亀裂の下の鉄板が腐って叩くと巨大な穴が・・。
これは一大事、直ぐに塞いでしまわないと。

表面の錆を取ってFRPで穴埋め。

翌日、乾いてから防水塗料を塗って仕上げです。

ついでに屋根全体に防水塗料を塗りこんでおきます。
山家に来てからは初めての施工です。

あと、前々から気になっていたパンタグラフの錆。
折角屋根に登ったのだからやってしまいましょう。

錆だらけです。簡単にスクレーパーで落として

グラインダーを掛けて、手の届かない場所は紙やすりで手で落としました。

最後に灰色錆止めを吹き付けておきました。
風が強くて塗装には手こずりました。
う~ん、この画像では綺麗になったのが見難い・・。


年末に線路側の側面は綺麗にしたが道路側が荒れている。
ここも板金を始めましょう。

スクレーパーで浮いた塗装を剥がして

錆をグラインダーで取り

パテを塗ります。

これを道路側全体で行いました。
なんか、いつもやっていることで永遠に終わらない感じです。
痛んだら落とすを繰り返しています。
今週はパテが乾くまで一週間放置。次回、ヤスリで磨いて塗装です。

621については今週はこれだけ、
つぎはカマボコ2745です。

鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 14:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

今年もお世話になりました。

 皆様、年末年始如何お過ごしでしょうか。
全国的に寒風が吹いているようでお体にはご自愛ください。
福岡も時折雪が舞い、深く曇った天気です。改めて日本海側なんだなっと思う次第。

29.30日と山家に出勤してきました。
12月頭から進めていた621号の車体補修が終わっていなかったので年末年始で帰省される方が見に来られてガッカリしないように修復を仕上げてきました。
大宰府へのお参りの際にでも山家に足を伸ばして頂き、ご覧頂ければ幸いです。


下半の板金も仕上げて、再塗装。
下半の赤は隠蔽力が弱く何度も吹き付けました。


皆で車内、車外を雑巾で拭いて、ゴミを捨てて、大掃除です。
まだ、会社も自宅もやってないのに・・・。


窓周りにも錆が浮いてきたなぁ。


一年中使い倒した機材も整理し、メンテナンスです。
コンプレサーのオイル交換も行いました。



12/30の状況。
また年明けたら色々し始めちゃうので
綺麗なのは今の内ですよ。 ^^

来年も、もっともっと楽しく夢を見続けたいですね。
新年も宜しくお願い致します。






鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 12:48 | コメント(3)| トラックバック(0)

高圧洗浄機

 高圧洗浄機。
去年買っていたが、鉄道に使っていなかったので持って行ってみた。
これは中々使える。


床下の錆と埃、油汚れがガンガン落ちる。
これは楽しい ^^


おっ ブレーキロッドの錆がボロボロ取れるぞ。


面白くなってドンドン進出。


汚れが全部取れて床下すっきり。
現役時代の汚れと錆が綺麗になくなりました。
茶色に見える所は剥がれたところ。
この後各部に注油して再度錆びないようにしときました。


鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 22:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

能登のオユ10

9月22.23.24日
ふる鉄鉄道郵便WGで所有している郵便車オユ10を修復してきました。
22.23日はWGの年二回の定期公開日で、車内で模造郵便物を並べ、お客様に往時の雰囲気を味わって頂くイベントをおこないました。
その間、私はオユ10の車体をゴソゴソ・・。

鉄道郵便WGは公開イベントだけではなく、地道に車体補修を続けてきて少しずつ保存状態が良くなって来ています。中々遠くて活動に参加できませんが、今回は車体海側を中心にやってみます。


ホーム側綺麗になっていました。


海側は甲に置いてあった時期に塗装をしていますが、能登中島駅に移動してからは手が回っていませんでした。地道に窓ゴムの交換などは行っていました。


グラインダーで錆や凸凹を削り落とします。


パテを塗り、凹凸を紙やすりタイプのサンダーで磨き、平滑にしていきます。
本当は車体全体にパテ盛をしたかったのですが3日という短工期で海側車体半分だけに・・・。また行かねば。


最終日24日は全塗装です。特注で作った国鉄指定色青15号です。
何故か嬉しい ^^


人海戦術で塗っていきます。大きいところはローラー、細かい場所は刷毛塗りです。



塗り残しのある画像でスイマセン。完成体で撮影し損ねました。

夕方には青15号のオユ10になりました。
深みが違うと思いませんか???





鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 10:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

台風の中の天竜二俣修復

7月14.15.16日は天竜二俣へ。
皆で秋までにナハネを仕上げたいと勇んでいたのですが・・。
大型台風の直撃により大幅に作業が進まずに不完全燃焼です。


暴れ川と呼ばれるらしい天竜川。
台風一過で凄い増水・・・。あともうちょっとで堤防越えそう・・。
こんな中、修復をやろうという私らも好きやね。


天気が悪いのでキハの車内整備です。
扇風機を綺麗にしましょうか。


中学生の皆も塗装が上手くなりました。
今や貴重な修復WGの戦力です。


キハの元溜めに工作中。


コンプレッサー側は塞いでしまいます。


一般用のコンプレッサーを繫ぎ、実験開始です。
運転台の圧力計が動き、みるみる加圧されていきます。
これは面白い。山家でもやってみよう。

結果は1.8k圧までしか上がらず、何処かで漏れているようで次回以降の課題。目標は5k圧まで上げたいですね。


最終日、16日になってようやく快晴となりナハネの板金と塗装開始です。さぁてどこまでやれるか。


細かいところから青15号を塗っていきます。


一部だけだけど、非常に嬉しくなります。^^


天浜線側はまだまだこれからです。
でも少しずつ仕上がっている感じで嬉しくなってきますね。
なにより実車の補修をしていて楽しくなってくる時期です。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 21:09 | コメント(3)| トラックバック(0)

天竜二俣ナハネ20

どうも
何処にでも現れるてっしぃです。^^

6/17は静岡県天竜二俣へふる鉄の天竜二俣WGに参加してきました。
こちらではキハ20の修復が一段落し、ナハネ20の修復が続いています。
大宮の博物館にはナハネフ20が入るようですが、ナハネはなかなか残っていませんので何とか残していきたい車両のひとつです。



修復たけなわ。
特に痛みの激しい二俣線側をパテ盛、サンダーでの磨き作業が続きます。



何度も平滑になるまで磨きとパテ盛を繰り返していきます。
ここらへんは二度目のパテ盛です。



暑くて、粉塵が舞う、重労働。



終了状態。
まだまだ作業が続きます。
見た目、進んでいないように見えるかもしれませんが、20m車全体をパテをやるのは大変時間が掛かります。
焦らず、良い仕上げを目指しましょう。




床下は汚れを落とし、黒ペンキを塗っていきます。
この週末で床下が真っ黒になりました。



年少組が中心となって、キハの車内にはNゲージのレイアウトが出来ていました。
次回の公開時にはもっと出来上がっているかと思います。



終了後、スタッフ一同でミーティング。
次回の日程や工程を相談。



修復から約一年が経過したキハ20。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 10:44 | コメント(2)| トラックバック(0)

金屋口&天竜二俣



 今週末は21日、土曜日は金屋口へ
敷地整備、本線及び側線200mを行う。
分岐器、継目などへの注油、敷地の草刈と除草剤散布
鉄道保存と言うよりガーデニングですな。
というか、ここでの作業ってこれの繰り返しです。



でも昨年から地道に作業を続けてきたので敷地が綺麗になりました。
まるで現役のよう。^^

夕方から取扱い訓練。始業検査、注油、各部のチェックを行い、機関始動。

最近、金屋口駅ホームにも車両が入れるようになりました。




現役時代は乗ったことがなかったのですが、ホームに横付けされると嬉しいですね。
近所のお子さん達も集まって来て、驚かせてしまいました。
ごめんねぇ。今はまだ乗せられないんよ~ ^^!


日曜日は天竜二俣へ

天竜二俣はスタッフも幅広い年齢層が参加して仲良くやっています。

なかなか保存鉄道って何処もボランティアスタッフが少なくて大変なのですがここは市民参加型で非常に和気藹々とやっています。
う~ん、羨ましい ^^


現在はキハ20が一段落して、ナハネ20を中心に作業が進んでいます。
今日は雨の為、車内の清掃や塗装に当るとの事。

私は各部を勝手にゴソゴソ。

電気頑張ってみましたが・・・。今回はヘッドライトだけ

判りにくいかなぁ・・。

鉄道の保存っていろいろ形は有るけど、何処其処のグループのカラーを大事に、安全に、楽しみながら出来たらそれで良いんではないでしょうか。
そんなことを つくづく感じる週末でした。


鉄分を補給したらお腹が空いた。

浜名湖っといえば うなぎ でしょう。
ってことで 週末終わり。




鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 16:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

また高い所へ登って・・。



今週はヨ9001を料理することにしましょう。
昨年から重点的に整備してきた車でそろそろ仕上げです。
先週のヨ6114に続き、屋根が気になる車両なので屋根に登って状況をみてみましょう。

>
いやはや、高い所は良いもんだ。
開業期に複線用で作られた石坂トンネルが見える。
ちょっと不思議な構造です。


やはり屋根は「あちゃぁ~」でした。
前回の作業から7年以上が経過していたので予想はしていたのですが。


浮いた塗料と錆をスクレーパーで削り落とします。
楽しいぐらい取れます。


グラインダーで錆を落とします。


錆止め塗料を塗っていきます。色は製造時に塗られていたと思われる銀のカラー錆止めにしました。


綺麗な銀色に。


こちらはデッキ天井の修復。
こちらは電動工具が使えず、錆落しと簡単な塗装だけして次回に持ち越しのようです。


モア製 ヨ9000 HO
非常に良い出来。実車と初対面。


鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 23:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

金屋口2月

前日までの寒さが嘘の様な暖かさ。和歌山県は流石にあったかい。
今週は和歌山有田の金屋口へ。

廃止から5年 ここは何も変わりませんなぁ~。

ちょいと高い所へ登ってみました。キハ58の003が見えます。
整備済みの本線と車庫線の草生し様は模型みたい。

高いところへ登ったのは「高い所が好き」というだけではない。

ヨ6114の屋根が「あちゃ~」なことに・・。
塗料が浮いて錆が目立ってきました。
薄い鋼板屋根の車両なので雨漏り始める前に作業をしましょう。


グラインダーで錆を落としていきます。
錆び落とし完了後に塗装をして完成です。


おもむろに出てきたC10コンテナ。
彼もだいぶきてますので近い内に補修ですな。
これは全国から集まった鉄道部品の保管庫として利用中。
中をゴソゴソと整理しつつ、探し物。


蒲原鉄道より譲渡を受けたブレーキシュー12本発掘。
ト1の復活の際は交換して使います。
あと、バールやら色々確保。


引き続きト1修復続行中。
少ない人数のWGメンバーの手で次々と仕上がっていってます。
今回、僕は妻面のケレンと塗装。
中々手強い作業です。

磨いて塗装を施すと ヤワタ1928 の刻印が出てきます。
官営八幡製鉄所の1928年製造の鉄材でしょうか?
綺麗になってくるとこのボロ貨車の歴史的価値も見えてくるものです。


ト1全景
南側側面と妻面は錆び落しが終わりました。1/3ぐらい出来たかな?

暖かい日で保鉄にはもってこい。
今回も地味なお仕事でしたな~。




鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 14:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

ヨ9001仕上げ

 今週末は福岡県赤村のヨ9001の補修仕上げを行ってきました。
先月の全塗装で十分でなかった場所を中心に、最後に表記を入れて年内目標の作業を終えました。


作業終了後 ヨ9001 福岡県赤村 源じいの森

今回、初めて表記にカッティングシートを導入してみました。
先日ヨドバシカメラで見つけたクラフトロボっという機械にほれ込んでしまい購入。最高の玩具になりました。^^!
プリンターの様にパソコンに繋ぎ、イラストレーターで模型製作用にトレースした国鉄表記を80倍、つまり実物大でカラーシールに出力しました。
念願のカッティングシートを安価で製作出来る時代になり嬉しい限り。



クラフトロボ   
応用次第で色々使えると思います。JNMAでは路面モジュールをやっているTーTRACKというグループがペーパーモデルの切り出しに使っていました。
なるほど・・。




んでいよいよ、実戦に投入です。
貼り付けは簡単なので手軽に国鉄表記を再現できます。一枚一枚切り出し張り付くまで雑巾で良く擦ってあげます。
そういえば最近はJRや私鉄もカッティングシートですね。これだけお手軽だと判る気もします。
ん?昔はカッティングシートなどない保存鉄道でそれはないのでは?という方もいらっしゃるかもしれませんが、そこは難しいことは言わないでご容赦を。^^


下回りをワイヤーブラシで磨き、錆や汚れを落としてからチョコチョコ塗装します。稼動部には油を挿してあげて、下回りを固めないようにします。ヨ9001は今でもすべてのロッドとバネが生きていますよ。
静態保存車ながら、出来る範囲で現役っぽく仕上げる のが良いですね。


今回のエラー
おぃおぃ、貨車の右端の表記は「形式ヨ9000」だよ。
9001になってる・・・。 次回修正予定。







鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 19:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

有田鉄道その後

和歌山県有田鉄道は2002年末で廃止された鉄道です。
鉄道廃止後、金屋口駅とその構内、及び本線400mだけは撤去されことなく現在も残っています。

ここには鉄道現役時代からふる鉄で数台の車両を置かせて頂き、保存を継続しています。現在は土地を自治体が所有し、活動許可を頂いています。

DB20+ヨ6114
恐らく両車とも稼動可能な唯一の動態保存車です。
DB,ヨ共にすべての機関が稼動し、定期的に転がしています。


蒲原ト1
蒲原鉄道より譲渡された木造貨車ト1。余りにも酷い状況だったので木部をすべて撤去し、作り直しをしています。現在は車体の錆を落としています。同時に下回りも整備を進めています。今回も途中で雨になり中々進まんです・・。
来年にはDB+ト+ヨで貨物列車再現?


小雨なので電動工具が使えず、草刈と軌道の整備です。
分岐には清掃と注油を行います。途中継目が弱っている場所は締め直していきました。
「いや~綺麗になったなぁ~、本線行けるなぁ~」


紀州鉄道605
レストア待ちのキハ605を連れて本線初走行。
整備が終わっている部分までですが・・。
廃止後初、4年ぶりの本線です。
一同感無量。

鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 12:10 | コメント(2)| トラックバック(0)

ヨ9001 福岡県赤村

 10月21日土曜日

 今日はお仕事の日です。
福岡県田川郡赤村源じいの森に保存されているヨ9001の補修に行ってきました。

ヨ9001は2台だけ作られた高速2軸貨車試験車で、末期は九州で一般に混用され使われた大変珍しい車掌車です。
廃車後、長く門司で放置が続きましたが、2000年に赤村源じいの森に引き取って貰え、大切に保存されてきました。
保存時、ボランティア有志で補修を願い出て、赤村に快諾頂くことが出来、腐食部の補修と塗装を行い、高速試験車時代の姿に復元しました。
あれから6年、鮮やかだった青10号は褪せ、再度の補修箇所も目だってきて今年夏から数度に別けて再補修を行ってきました。

2006年8月

6年の歳月で色褪せた車体
補修箇所を錆撤去→パテ補修、塗装面をならす為にサンダーをかけていきます。 

車体に青10号をローラー塗り
仕上がりは粗いが塗料の食い付きの良さと何より素人でも出来る簡単さが鉄道保存向けではないでしょうか。

2006年10月

今回は仕上げ塗装
ローラー塗りで粗い塗装をシンナー多めの薄い塗料で慣らします。
何度かの重ね塗りで光沢が出てきます。腕の見せ所。
コンプレッサーの準備とマスキング。 

 まぁ 巨大な模型を作るのと一緒ですわ。


シンナー舞う中の作業は重労働です。
↑ナッパ服の人物 これ私。

完成。
あとは表記を入れれば完成です。
タンポ印刷にしようか、インレタ、デカールにしようか迷うところ。
( ←大嘘ですよ )

参加のWGメンバー各位 お疲れでした~。
ふるさと鉄道保存協会ヨ9001WG

鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 13:33 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Web-Rail Blog 大学鉄研の大先輩にあたり、ライターをされているワシ氏のブログ。 特に西鉄電車への深い愛情と都市交通全般からの洞察を感じるブログは必見。         駅長猫コトラの独り言~旧 片上鉄道 吉ヶ原駅勤務~ 片上鉄道の駅長猫コトラのご主人 ぱぱぱ猫さんのブログ 片上鉄道北部運転分室 所謂「神」なお人です。
ホビダス[趣味の総合サイト]