てっしぃ的生涯 趣味と仕事がごっちゃになった人の日記  本業は週末鉄道員 趣味は模型屋 人生いっぱいいっぱいです。

てっしぃ的生涯

最近の記事
ブログ移転のお知らせ
04/30 22:53
GW期間中の通谷電停…
04/30 00:05
大牟田市内線204号…
04/21 18:48
南線開通
04/13 22:58
バスコレクション高速…
03/26 20:23
最近のトラックバック
【ネットができる宿|…
02/28 21:19
1/80 スマートル…
07/24 23:37
西鉄天神大牟田線 8…
08/17 16:49
西鉄天神大牟田線 6…
08/17 16:48
土佐電氣鐵道「500…
03/14 09:11
最近のコメント
幸町!私が長年過ごし…
arichan 02/17 12:49
そのタクシーの部品の…
ドリームにちりん 01/29 01:19
↑の方に同じく改造車…
にし 01/17 02:18
踏切を渡っているシー…
さくぞう 01/04 02:04
販売の予定はないので…
やま 12/23 18:46

大連の路面電車、トラム

今更ですが・・。
先日、大連に行った時はトラムの乗り歩きもしたのでご紹介。
日本でよく旅先で路面電車を訪ねるのですが、日本以外はどうしても情報が不足気味なので訪ねられる方の参考になればと思います。

大連は1945年まで日本の租借地であった過去から交通インフラの多くが日本製であることが多くあります。それも当時の日本本土より立派な橋や建物などが数多く残っており、大連の旧市街自体が古きよき日本の面影があります。懐かしいっと言っても私の様な20代にはそんな時代自体を知らない空気であり、タイムスリップしてしまったかのような不思議な感覚です。

んで上野駅そっくりな大連の駅前を出て右手から出ている203系統はすべて日本製の旧型車両という非常に面白い路線です。


大連駅。
上野駅そっくりであり、日本人にとっては忘れえぬ歴史の証人。


軌道内乗り入れ自由、人が無尽に往来し、自動車の運転は荒い。
でも何処か昔の日本みたい。
北九州線の魚町辺りもこうだったなぁって・・。


203系統、驚くほど旧型車両の整備状態はいい。
ピカピカ、車内の手入れも良く、新車のようだ。
左の車両は更新したばっかりらしく、何とLEDで系統を表示している。近代的なのかレトロなのか。


日本の何処かの街みたいですね。

早速乗って行ってみたいと思います。
乗車には 1回1元=¥16 と非常にリーズナブル ^^
庶民の物価は1/10だと思っていても良い。
大連の路面電車は観光客も多く、非常に安全で清潔な感じです。
乗る時に1元払ってあとは同じように乗りましょう。

吊り掛けモーターを鳴らしながらグングン走ります。
運転席の機器もシンプルで日本だと後の時代に色々追加しちゃうのですが良い感じです。



とりあえず終点まで乗ってみました。
終点は新設路線らしく、芝生軌道に重厚なレールで、旧型車両に不釣合いな感じです。それも魅力的ですが。



赤い奴も居ます。


車両は一旦引き上げて折り返します。
何とも近代的な設備でしょうか。
軌道上を中国の人はブラブラ歩きます。本人も気にしないし、電車も気にしません。


また別系統には新型LRVが縦横無尽に走り回っています。
開発地区の超高層マンションとの対比が面白い。
日本にはこういう所ってないので驚きの連続です。

よく海外では、鉄道を撮影すると警察に止められたりするのですが大連ではトラムに乗って写真を撮っていても問題ない感じです。
是非、魅力的な大連へ如何ですか?

日記 | 投稿者 てっしぃ 23:34 | コメント(2)| トラックバック(0)

命を分けて貰って・・。

遺跡の発掘は同時に遺跡の破壊でもある。

同じく実車の保存とは破壊と紙一重であると思う。
それまで辛うじて残っていたものを無残に廃棄し、車体に新しい塗装を施してしまう。
機械の保存とは高松塚の文化財の保存とは違う。
機械としてあるべき整備を施し、保存車両が今でも現役であるならば施したであろう整備を行っていく。やがて段々オリジナルの部品や部材は消耗していく。
残るものは残るし、残らないものは残らない。
残したい奴が手を動かし、結果として残る。
でも、それでいいんよ。保存に永遠はない。永遠でない保存活動に自分達が少しでも関わって、少し長く夢の続きが見れたら幸せじゃね??ぐらいの感覚。
永遠を目指したければ保全庫に入れて、何人も触れさせないようにするしかない。でもそれって意味あるんだろうか??



この趣味やってると色々気になるんですよね。

廃車体 ^^

かまぼこ2745も廃車体巡りから見付けた訳。
その中で最もいけそうだなっと思った物件だったんです。


今日も何処かで廃車体探し。
噂があれば西へ東へ。

廃車体の面白い所。
幼い頃の思い出の名車が、ありえない様なとんでもなくシュールな光景に残っていたり。
不謹慎だけど・・非常に面白い。


見付けました。53MCハンペン。
解体場の中にポツンと。辛うじて写真が撮れたという感じ。

凄く良い個体なんだけど・・。
状態の悪さと、廃車になった原因と思われる前面の大きな破損があり、レストアは不能と判断。
「可哀想だけど、この子は助かりません。」


でも・・・あっ。

尾灯・・。


早速、所有者さんにお願いした所、
「自分で剥がして持っていけ」っとのこと。



おりゃ!





まぁ、こういうオチです。

物にはすべて歴史があり、物語があり、その裏に誰かのある日がある。
保存は一日にして成らず。積み重ねである。
北九州線車両保存会 | 投稿者 てっしぃ 23:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

11月第四日曜日 山家

土曜日に引き続き、定期作業。


新しい脚立購入!
二つ目、大きくて便利。ホームセンターで安売りしてて即決 ^^


軽トラ借りたのでブロックも沢山購入。
乗り降りが少し便利に。


今回はドンドン剥がしてしまいましたね・・。



一箇所のバス窓はHゴムを外してやり直し。


カマボコの修復も継続中。
前面の雨樋をFRPで復元。この後、パテで成型します。







今回は下半だけ仕上げることに。
この時既に夕方・・・。


吹き付けで仕上げを行います。
西鉄旧塗装の赤は隠蔽力が弱く何度も重ね塗りが必要です。


入り口サボの周りもすべて成型し直し。


サボ枠も別に塗装し、次回取り付けます。


おまけ

めし中。腹が減ってはいくさはできぬ。

今週は天気が良くて本当に良かったね。





北九州線車両保存会 | 投稿者 てっしぃ 22:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

11月第四山家

 第四は山家定期作業日。
でも最近は誰か週末は何かやっている日が多いねぇ。
少しづつ継続してやっていくって良いと思うよ。

午前9時ぐらいまでの光線状態がいい。

いつの間にかカマボコのライトを付けてくれていた
コツコツ派の会員氏のお陰。
レンズが一個ない・・・。何処かで手に入らないかな。


細かいはみ出しなどを修正。



懐かしいでしょ。^^
保存車両は表記類も保存の対象だからね。
綺麗に残すから、色々と難しいことは大目に見てよ。


バンパーの細かい穴をHRPで塞ぎ、パテで成型。
部品がないんだからあるものを大切に使わなきゃ。


カマボコから放送装置を発掘。
意外と状態は良いようだ。
某会員氏は動かすんだと、わくわく。

621のほう・・。


運賃箱来ました。でも中身ないです。

入れてみたい方はどうぞ、どうぞ。寄付金カモン。^^


線路側屋根周りのパテが一年でドンドン割れてきました。
昨年補修したばっかりだったのに・・・。
パテの種類と錆止めの相性が悪かったようです。
パリパリ外れていきます。


入り口サボの周りも酷いのですべてバラしてしまいました。


現役時代からHゴムの留める場所が弱っていたようでいい加減な補修がしてありました。FRPで補強して作り直しです。


乾いたパテはドンドン磨いていきます。


あ~ぁ 結局いっぱい剥がしたねぇ。 ^^


明日、日曜日も公開&作業やってます。
見学歓迎です。飛び入り参加はもっと大歓迎です。






北九州線車両保存会 | 投稿者 てっしぃ 22:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

高圧洗浄機

 高圧洗浄機。
去年買っていたが、鉄道に使っていなかったので持って行ってみた。
これは中々使える。


床下の錆と埃、油汚れがガンガン落ちる。
これは楽しい ^^


おっ ブレーキロッドの錆がボロボロ取れるぞ。


面白くなってドンドン進出。


汚れが全部取れて床下すっきり。
現役時代の汚れと錆が綺麗になくなりました。
茶色に見える所は剥がれたところ。
この後各部に注油して再度錆びないようにしときました。


鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 22:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

宮沢模型商売繁盛セール

 今年も行ってきました。
問屋の宮沢模型商売繁盛セールというメーカーと小売店の商談会が毎年行われています。

黒服の方が多い商談会・・・。緊張しますよ~。


ワンマイルはチマっと出展。
他社さんが年末に向けて新製品を繰り出す中、弊社は夏までに息切れ(?)して新製品は年内はなしです。(笑)
先月出した、キハ41000を中心に多数のご注文を頂きました。
普段お会いできないお店の方とお会いして、お店やユーザーの声を聞かせて頂けるのは楽しいモンです。


【個人的に注目品を勝手に紹介】
ここで面白いのは他のメーカーさんとお知り合いになれること、いち早く、試作品を見せて頂けること。
勝手に個人的な好みで注目品をご紹介。


マスターピース 西鉄1000形連接車 1/80
去年の広島3000形に続いて原型タイプ遂に発売。
去年の商談会で「西鉄出して~」って話してたんだよなぁ。
念願の製品登場。さぁて組んでみようか。


トミー リミテッドビンテージ いすゞBU 1/64
これはいい。この時代のバスモデル欲しかったんです。^^
トミーさんが純正BUなら・・・僕達は西工BUで・・・。
って思っちゃいません????


トミーテック バスコレ80 1/80 日野ブルーリボン
遂にバスコレが1/80に来ましたか・・・。
タイヤも動いて、アクリルケース付きで。これは良いですな。
負けてはおられんですよ。


トミーテック バスコレ11段
またしても西鉄入ってくれました。
キュービックも良いし、また沢山集めてしまいそうな・・。


トミーテック ザ人間シリーズ
何ともまぁカオスな・・・。
好きだねぇ、こういうの。


ワールド工芸 三池DL 1/150
三池の有名な凸電。本当に小さいんだな。
バッテリーが詰まれたトラを引いて、電化していない所を走ることもある。


う~。売り込みに行って、またまた色々物欲が増えたではないですか。






日記 | 投稿者 てっしぃ 23:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

大連のパシナ757







パシナを見てきました。

「秘蔵パシナが見れるかもしれない」という話を聞き、中国にありがちな不確かな情報を鵜呑みにし、福岡から大連へ2時間。
ガイドに連れられ、大連駅裏の薄暗いラウンドハウスの中へ。
彼はひっそりと鎮座していました。

パシナは瀋陽の博物館の751は有名ですが、大連にも757が存在しています。
751は博物館で展示品として綺麗にペンキが塗られていますが、ここの757の魅力は機関庫の中で普段は誰の目に触れることもなく、火を落としたそのままの姿でまるで生きているかの様な保存状態であることです。薄っすらと埃をかぶって、ペンキは所々剥げて、お世辞にも決して綺麗ではありませんが、下回りや主要な箇所には油が入れられ、ロッドには最近塗ったと思われるグリスが塗られ、機械としての本来あるべき場所が整備され、博物館の見世物とは違い、ただ外見が綺麗なだけではない本当の保存がされている機関車だと思います。


ロッドにコッテリと塗られたグリス。
触ったところ、非常に綺麗であり、数ヶ月以内に塗られたものだと判る。職員にもう動かすことがない、この機関車を整備されている方がいるのだろうか?間違いなく誰かの手が入っていることが判る。


キャブに上がる。
梅小路でも色んな日本の機関車に上がったことがあるが、このパシナは桁違いに高い。
薄暗く狭いラウンドハウスにいることが判る。


運転席側

中央

助手席側

運転席の機器類にも油が入っているのがお判り頂けるだろうか?
薄っすらと黒光りするキャブ内は本当の意味で美しい機械だ。


下回りを覗き込む。暫く動いた形跡はない。
テンダーのブレーキシリンダーなども日本の同時代の機関車と同じだ。


連結器周りの複雑な形状。


良く残ってくれていたと思う。
今後も末永く残って欲しい。
夢の様な時間を満喫させて頂いた。
757への再訪を誓う。




日記 | 投稿者 てっしぃ 21:44 | コメント(2)| トラックバック(0)
<<  2007年 11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Web-Rail Blog 大学鉄研の大先輩にあたり、ライターをされているワシ氏のブログ。 特に西鉄電車への深い愛情と都市交通全般からの洞察を感じるブログは必見。         駅長猫コトラの独り言~旧 片上鉄道 吉ヶ原駅勤務~ 片上鉄道の駅長猫コトラのご主人 ぱぱぱ猫さんのブログ 片上鉄道北部運転分室 所謂「神」なお人です。
ホビダス[趣味の総合サイト]