てっしぃ的生涯 趣味と仕事がごっちゃになった人の日記  本業は週末鉄道員 趣味は模型屋 人生いっぱいいっぱいです。

てっしぃ的生涯

最近の記事
ブログ移転のお知らせ
04/30 22:53
GW期間中の通谷電停…
04/30 00:05
大牟田市内線204号…
04/21 18:48
南線開通
04/13 22:58
バスコレクション高速…
03/26 20:23
最近のトラックバック
【ネットができる宿|…
02/28 21:19
1/80 スマートル…
07/24 23:37
西鉄天神大牟田線 8…
08/17 16:49
西鉄天神大牟田線 6…
08/17 16:48
土佐電氣鐵道「500…
03/14 09:11
最近のコメント
幸町!私が長年過ごし…
arichan 02/17 12:49
そのタクシーの部品の…
ドリームにちりん 01/29 01:19
↑の方に同じく改造車…
にし 01/17 02:18
踏切を渡っているシー…
さくぞう 01/04 02:04
販売の予定はないので…
やま 12/23 18:46

9月公開日 621号屋根に大穴

9月27.28日

621号、今月から修繕開始。
山家の車両は常にどれかが修理中です。

621号、屋根から雨漏りがするなと思いつつ、なかなか解決できずにいました。昨年、屋根の穴を塞いで進行を遅らせましたが、まだ少しづつ漏っている・・。
クーラーの下かもしれないって事ではぐってみました。



重いかな?外せるかなっと思っていましたが、
なんと剥ぐってみるとFRP製、一人で軽々分解できました。



ゴロン・・・。



やはり下に大きな亀裂&陥没あり。
剥ぐってみると鉄板が朽ちて大穴が・・。
内側からは平成8年の日経新聞がっ・・。おぃおぃ現役時代の施工かよ。





錆を落として、FRPを厚く塗り重ね、防水塗料を塗って仕上げました。
これで雨漏りが治ってくれればいいんですが。


側面も修繕開始です。
621の線路側は毎年やってもやっても痛みますねぇ。
永遠のイタチゴッコです。


錆びをグラインダーで落とします。




今月のお客さん。鹿児島からお越しです。


例の如く3並び。



某所から発掘した錆びだらけだったあれ。
手動で動くようになりました。
福岡市内線の復活も近いぞ~。


今月から暫く621号の修繕に入ります。
暫く見苦しいかとは存じますがご見学の際はご注意下さい。

北九州線車両保存会 | 投稿者 てっしぃ 20:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

幸せの終着駅 月潟駅


コスモス咲き乱れる月潟駅
ここにも御伽の国の電車が旅人を待っていてくれました。

豊島園が終わり、ふと思い立ち新潟へ。 

岸さんが引き合わせてくれた縁。
かぼちゃ電車保存会の皆様にお会い出来た夜。
一度お訪ねしますね っと言ったままでした。
やっと訪ねることができました。



上越新幹線で都内から2時間、バスで月潟行で1時間。
バスはバスコレにもなったキュービックでした。嬉しい。^^


着いた~。月潟駅。


モハ11 
日本車輌標準型の新潟交通の代表車両。


モワ51
元々は荷物電車であったが晩年はキ116の推進車として活躍。


キ116
国鉄キ100でありながら新潟交通で独自の改造を受け、モワ51を制御できる改造が施してあった。

キ116の運転席。
左側が運転席、中央から右側に雪かきをエア圧操作する弁が付いている。

キ116の車内足元に巨大なシリンダがあり、両側の雪かきを動かす。
車内は見事な木製。雪国を生き抜いた貫禄を感じる。


新潟交通は99年に廃止。行きたいと思いつつ、訪ねることが出来ず、10年遅れの初訪問になりました。
思えば、この時期に多くの地方私鉄が終焉を迎えました。
新潟で地元の鉄道ファン達の手で保存が行われるっというニュースにどれだけ勇気付けられ、僕らが九州で何かを始めるきっかけになった場所であり、ここ月潟はまだ見ぬ理想郷の原点なのだと思います。

ここが素晴らしい所は車両だけではなく、駅やその他の施設も現役時代の雰囲気のまま残されていることで、未だにしっかり地元に愛され続けている点。鉄道の保存は車両単体ではなく、この愛着っというキーワードに支えられてこそ生きるのだと思います。
その影に地元の方、保存会の方、多くの方の努力があったのでしょう。

僕らは残念ながら車両だけしか残すことが出来ず、地元からも切り離されてしましました。その時はその選択しか出来ず、解体を阻止するだけが出発でしたが、今からでも出来ることがあることを理想郷で想いにふけっていました。


まるで現役の駅のような賑わい。

改札で初めて来たと思わしき子連れのお母さんに声を掛けられました。
「すいません、この電車は何時にでるんでしょうか?」

「・・・・。 そのうち出るかもしれませんよ。」 ^^
日記 | 投稿者 てっしぃ 21:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

豊島園 鉄道フェスタ2008

 9月20.21日

 強い台風13号は19日に関東に襲来ス。
イベントはどうなるやらと心配したのもつかの間・・。

20日朝にはカラリと晴れてくれました。

さぁイベントの開始です。


今回は豊島園でのネコパブさんの主催で鉄道をメインとしたお祭りです。ワンマイルも販売に伺いました。
屋外展示場では各社の販売ブースがテントで設けられました。

会場に鎮座する西武バス。



イベントに現役のバスを呼ぶって良いアイデアですね。
うむむ~ 西工しか判らない九州人としては新鮮です。



屋内では鉄道模型の展示があっていました。
トミックスさんが出していたジオラマ。
液晶画面とコントローラーで鉄道模型の運転体験ができました。
お子様の大人気でした。いいなぁ今の子供達はこんなことが出来て。
大きいお友達もやりたかったが・・グッと堪える。^^!


グリーンマックスさんのジオラマ。
手堅い、スッキリとした造りながら、色調と作りこみのバランスが凄く良い。
昔からカタログとかで使われるGMのジオラマって好きだったんだよなぁ。


マイクロエースの783
リニューアル品。塗装なし状態で展示されていました。

終日、落ち着かない天気でしたが、多くの出会いもある楽しいイベントでした。
日記 | 投稿者 てっしぃ 21:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

熊本大鉄道模型展

9月13.14.15日

グランシップ熊本でRKKテレビ主催の鉄道模型展が開催されました。
今回は販売と鉄道模型の展示の一部を担当させて頂きました。


会場全景。3日間とも大盛況でした。


販売ブースは会場の外です。


5インチの乗用模型も走り回っています。


今回、担当させて頂いたレイアウト。
九州の風景をイメージしました。九州産交のバスとかいっぱい並んでいるのは製作者の趣味??


ショーケースのNゲージも担当です。
九州を中心に歴代の列車を並べました。
一部は特製品もあり、モデラーさんからの質問も頂きました。



こちらは鉄模連で御馴染みのHOレイアウト。
HOがフル編成で爆走します。


Nゲージ大型レイアウト


お子様に大人気だったプラレール広場。
これはおもしろいね。

鉄道模型のイベントと言えば関東関西ばかりですが、九州で開催できたことは大変珍しいことだと思います。
地元としては嬉しい限りです。^^
ファミリー層を中心に多数のお客様にご来場頂きありがとうございました。また九州でやりたいですね。

日記 | 投稿者 てっしぃ 13:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

キハ58のお髭製作&どつぼ列車

9月13日

今日はキハ58の四国ひげを付けるべくミッションを受けやってきました。
JR四国、高松運転所。
わくわく♪


キハ58は松山から高松へ移動し、庫の奥でまってくれていました。


まずは製作してきたカッティングシートで仮止め。

ここで作業参加の皆様から意見を伺い。
正式な貼り付けの最終判断。

ここで「もう少し気持ち幅が太くないか?」っとの指摘。
過去の写真と見比べてみて検討をしたところ、30mm幅を太くすることに・・・。
作り直し・・・。汗


おもむろに予備で持ち込んだシートを取り出してカット開始。
えぇ、何でもやりますとも。



皆で貼り付け開始。
結構な作業量でした。



気泡が入ってしまった場所は穴を開けてヘラで抜いていきます。


完成。
色がもう一段明るくしたかったな。自己反省。
作業に参加された皆様お疲れ様でした。


外に引き出して、明日の準備は万端です。

高松の夜は飲みにいきましょう。

骨付鳥一鶴 のひなどり
ビールに良くあうのよ♪

9月14日
今日はどつぼ列車の客人となり。

列車は大歩危駅に入ってきました。


四国の名景勝地、大歩危小歩危は風景もいいですなぁ~。
車もどんどん追い抜いて列車は進みます。



行きの特製お弁当。凝ってますねぇ~。


列車は間も無く高知です。


高知での撮影会も盛況でした。


余りの暑さに高知駅へ先回りしてカキ氷などをほうばり、
再び高知に向けて帰ります。


新改駅はスイッチバック駅。暫く停車です。



帰りのお弁当。


たまにはのんびりと汽車に揺られてみるのもいいですね。
楽しい旅行になりました。
主催の坪内さん、スタッフの皆様、お疲れ様でした。









日記 | 投稿者 てっしぃ 22:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

線路がなくなる・・・・。

片上鉄道の本線は300m
たった300m、されど300m
乗ってしまえば1分もかからない、風景は田舎の何でもない風景。
しかし300mの維持にどれだけの労力を必要とするか、廃止されて17年間そのままの状態で残り、10年間月一回だけだけど列車が走ってきた線路が未だかつて日本にあったでしょうか?
ここはは奇跡の300m。


本線300m
動態保存列車は本線を走り、折り返し地点でエンド交換を行う。
分岐を切り替え、踏切が降り、信号係からの無線が入る。
今、正に出発信号が青を現示しようとする。
緊張が走る瞬間だ。

その光景はまるで現役の時の様だ。

ベネチア映画祭へ出た北野武監督のアキレスと亀ではこの300の本線でロケが行われました。
http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/
http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/akiresu.htm
予告編で702号が本線で佇んでいます。


折り返し地点に佇む303号、線路はこの先で虚しく途切れている。
奇跡の線路は途切れ、その先には鉄道の廃止という現実が待つ。
でもここだけは変わらない は ず だ っ た ・・・・。


この奇跡の300mに暗雲が立ち込めることになってしまいました。
美咲町緑町地区の道路整備にともない、「柵原ふれあい鉱山公園」第2駐車場北側への道路敷設および、旧片上鉄道の軌道を一部撤去し、道路用地とすることになったとのこと。
これらは生活道路であり、その建設は十分に理解出来るのですが、この線路を簡単に撤去してしまうのも余りに惜しいことだと思います。

この300mが片鉄の現役そのものの風情を残す大きな魅力であり、多くの方に感動を与えられるものだと思うのです。
今一度、計画を練り直し、少しでも景観に配慮出来る形での線路の保存は出来ないものでしょうか?

まずは保存会で署名活動を始めました。
どこまで出来るかは判りませんが、多くの方に知って頂き、署名を頂きたくご協力をお願い致します。またこのことを広めて頂きたく存じます。
そして、署名だけでなく、この奇跡の線路をお訪ね頂き、この線路の意味を感じて頂ければ幸いです。


『 旧 片上鉄道の情景保存と 展示運転の現状維持を求める請願 』
http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/syomei.html


いち鉄道ファンとして、多くの鉄道の廃止を見てきました。
その度に何も出来ない自身の無力さを感じてきました。
今、一度は廃止の憂き目に遭いながらも、奇跡的に生きてきた小さなおとぎの国の鉄道まで廃止(?)されようとしています。
鉄道保存一般 | 投稿者 てっしぃ 00:06 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2008年 9月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Web-Rail Blog 大学鉄研の大先輩にあたり、ライターをされているワシ氏のブログ。 特に西鉄電車への深い愛情と都市交通全般からの洞察を感じるブログは必見。         駅長猫コトラの独り言~旧 片上鉄道 吉ヶ原駅勤務~ 片上鉄道の駅長猫コトラのご主人 ぱぱぱ猫さんのブログ 片上鉄道北部運転分室 所謂「神」なお人です。
ホビダス[趣味の総合サイト]