てっしぃ的生涯 趣味と仕事がごっちゃになった人の日記  本業は週末鉄道員 趣味は模型屋 人生いっぱいいっぱいです。

てっしぃ的生涯

最近の記事
ブログ移転のお知らせ
04/30 22:53
GW期間中の通谷電停…
04/30 00:05
大牟田市内線204号…
04/21 18:48
南線開通
04/13 22:58
バスコレクション高速…
03/26 20:23
最近のトラックバック
【ネットができる宿|…
02/28 21:19
1/80 スマートル…
07/24 23:37
西鉄天神大牟田線 8…
08/17 16:49
西鉄天神大牟田線 6…
08/17 16:48
土佐電氣鐵道「500…
03/14 09:11
最近のコメント
幸町!私が長年過ごし…
arichan 02/17 12:49
そのタクシーの部品の…
ドリームにちりん 01/29 01:19
↑の方に同じく改造車…
にし 01/17 02:18
踏切を渡っているシー…
さくぞう 01/04 02:04
販売の予定はないので…
やま 12/23 18:46

特注完成品用意しました

キット組立や改造品をなどの一品物の特注完成品の取り扱いを始めました。
ちょっと、お値段は頂きますが手造り品の手間賃ということでご了承ください。工作は苦手だけど、どうしても手にしたいという方にお勧め致します。


この様にケースに入れてディスプレイしています。


815 ¥30000


817 ¥30000


YDC125 ¥18000

作例として見るだけでも楽しいものです。
是非お店で現物をご覧ください。
今後も少しずつ増やしてまいります。

鉄道グッズショップ 通谷電停
13:00~20:00


明日、27日は私が北九州線車両保存会公開日の為、お店にでておりません。代わりのスタッフで対応させて頂きます。申し訳ございません。
通谷 | 投稿者 てっしぃ 18:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

ちくてつ乗って木屋瀬宿へ行こう



今日はちくてつに乗ってお出かけです。
ちんちん!という車掌さんの出発合図の懐かしい響きを聞きながら黒崎から25分の短い旅の始まりです。
ちくてつは正真正銘、西鉄北九州線の末裔。少年の頃、涙を流してさよなら電車を見送った電車達が今でも姿を近代的に変えて走り続けています。
車内で音を聞きながら目を閉じれば、賑やかだったあの日の北九州線を思い出します。

今日の目的地は木屋瀬の宿場町。


木屋瀬宿の案内板




初めて来て驚きましたが、思った以上に古い建物が多く、通りをズラッと固めています。
まるで映画のセットのよう、いやいや、本物ですよ。
そして、そこに人の生活がある、街自体が博物館、つまり動態保存。

いいねぇ~。^^



まず行ったのは もやいの家。
ただ今、「木屋瀬もやいの家ひなまつり」というイベントをやっていました。
http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=20088



呉服屋だったという旧家を利用して2階までびっしりとおひなさまが飾られています。
その他所狭しと飾られた骨董品が素晴らしい。


おおぉ甲冑ではないか。


楽しませて頂いたのでお土産を買っていきます。

さぁ、腹が減ったので、飯だ。

ここ、ピアスペースのーてぃす
昼の定食は¥1365、健康的なお昼ご飯で時間がゆっくり流れます。


店内は畳敷き、表を眺めながらまったり。

食事の内容、日替わりで変わるとの事

デザート、今日はコーヒーゼリーでした。


次は正面の「旧高崎家住宅」

木屋瀬の中心的商家を復元して展示をおこなっています。


ざーーっと見て回って3,4時間、他にも資料館などがありますが、時間の都合で見れず。
ぶらっと小旅行にはぴったりじゃないでしょうか?

なんだか、伝統があって、健康的な時間を過ごすことができます。
こんな良い時間を過ごす為に車で廃棄ガスを撒き散らしてドライブではなく、折角、ちくてつがあるんだから、電車に乗って行ってみませんか?

通谷 | 投稿者 てっしぃ 16:38 | コメント(1)| トラックバック(0)

ちくてつグルメ物産祭開催

ちくてつグルメ物産祭開催
http://www.nishitetsu.co.jp/release/2010/09_184.pdf

平成22年3月13.14日 10時~16時
通谷駅横 筑豊電鉄本社駐車場

九州各地から旨い物が集合します。
牡蠣ややまめなどを焼いて販売するとのことです。




っということで、
ご近所さんですし、お店の大家さん、そして我らが大好きな筑豊電鉄さんがイベントやるっていうなら、喜んで参加させて頂きますよ~。

テントを一個造って頂けると言うことでしたので、うちからは鉄道模型の展示とバザーをするようにしたいと思います。
僕はたこ焼きを焼こうかな~。
美味しい物食べて、お店にも寄ってくださいな。

続報決まりましたらお知らせします。


こういう、地域を巻き込んだイベントって良いと思います。
鉄道会社って、地域の血液だと思います。鉄道会社が元気でこんなイベントをやっていけば沿線が賑やかになり、そして鉄道への愛着も増していくと思います。是非ちくてつに乗って参加してください。
通谷 | 投稿者 てっしぃ 17:16 | コメント(1)| トラックバック(0)

来週日曜日は山家の公開日です

来週28日は北九州線車両保存会、山家の公開日です。



http://kitakyuushuusen.main.jp/
10時~16時

当日は621号、324号に弱電を通し、エアを篭めて各機器の動作を行い、皆様をお迎えいたします。
皆様のお越しをお待ちしております。
北九州線車両保存会 | 投稿者 てっしぃ 23:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

お客様の車両 バス編

毎度毎度、お客様のネタでブログを作らせて貰ってスイマセン。

今日はバスを作って来られたお客さん。


セレガーラのムーンライト
もちろん、フリーランスですが、結構カッコいいなぁ。


北九州電車代替バス


桜島号、エアロのはかた号
はかた号は細かい所は違いますが。


その他、トラックも詳しいとのことで色々。
個人的には高速道路のパトロール車が ^^


最近の営業時間は13:00~20:00
筑豊電鉄通谷電停すぐ横です。
通谷 | 投稿者 てっしぃ 18:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

お客様の車両 西鉄編

お店をやっていると色んな方がご自分自慢の車両を見せて頂けます。
土地柄か、私の個人的興味を考慮してか?
やっぱり西鉄電車の自作を見せて頂ける方が沢山来て頂けます。
ありがたいことです。



やっぱり出てくるのは、何か西鉄電車造ろうよ~ ・・です。
何か先立つモノさえあればすぐにでもやりたい・・。 ^^
今ならあれして、これして、色々出来るぞ~って・・・。


鉄コレ改造の宮路岳線風旧型車両 モ10?


鉄コレ改造の宮路岳線風 車両 313?

最初のお客様は名古屋から態々お越し頂きました。
鉄コレを色だけ雰囲気で・・。ということですが、良い感じです。
塗装がしっかり印象を捕まえています。



地元、穴生駅近くの会場で長く公開運転会をされている
まくらぎ会の方々がお越し頂けました


ズラッと並んだ往年の北九州線の名優達。
手前に324が ^^


宮路岳線の各タイプが並び壮観です。
コレだけの量を何年もかかって造られたとのこと。


面白かったのは西鉄旧塗装の色は記憶だけで造られたとのこと。
色見本と比べても大差なく、人間の記憶の色の凄さを知りました。


アマギモデリングの 600形
しかも6連で色具合も良い感じです。

翌日

こちらも地元の方で宮路岳線風。


色々見せて頂きありがとうございます。
んん、これで私も何か作らねばなりませんな。




通谷 | 投稿者 てっしぃ 13:43 | コメント(3)| トラックバック(0)

今日は雨、また寒くならなければいいが

今日は雨です。
午前中は黒崎へ買い物に出掛け、良い気分転換になりました。
黒崎も寂しくなったとは言え、探せば色々あるものです。
帰りは運良く3連接車。
何だからっきー。

今日は2005でした。
雨の風景が物悲しい。


表のガラスに屋号をあげました。
カッティングマシーンでシートをちょきちょきとやって貼るだけです。


ジオラマに西鉄バスのバス停登場。
トミテクのバス停見て、皆でこれが西鉄の行灯だったら買なのにな~って言ってたら二十歳の子が作ってきてくれました。これは良いかも。

通谷 | 投稿者 てっしぃ 13:11 | コメント(3)| トラックバック(0)

筑豊電鉄はLRTではないか

今日は熱く語ってみる。

筑豊電鉄はLRTなのではないかと思う。
いや、調べればそれ以上の存在の筑豊電鉄~西鉄北九州線だったのではないかとも思う。
定義の話なので、そう言われればそうだ。のレベルの話なのですが。


フランス モンペリエ
EU諸国の中都市ではLRTが大活躍。
次々と新線を開業させ、街造りの核になっている。


最近流行のLRTという言葉、鉄道ファンの間では10年ぐらい前からさかんに論議されて、未来の都市交通として認識されていたが、一般社会で知られるようになったのは最近のこと。
やはり富山での富山ライトレールなどの話題がマスコミで取り上げられてからであろう。

じゃぁそもそも何だろう?という問いには明確に応え難い。
近代型路面電車という漠然としたイメージで、これまでとどう違うのかは難しい。
『ウィキペディア(Wikipedia)』LRT
LRTの定義の大要は「大部分を専用軌道とし、部分的に道路上(併用軌道)を1両ないし数両編成の列車が電気運転によって走行する、誰でも容易に利用できる交通システム」(21世紀初頭でもこの定義は有効)となっており、高架鉄道や地下鉄よりも一回り小さいが、バスよりも大きな輸送力を持つ交通機関である。
こういった路線で使用される車両は車体幅が2,300 - 2,700mm程度、編成の長さはおおむね30 - 90mで、小規模な地下鉄に匹敵する。 また平均速度の面でも路面電車が17km/hなのに対し、 ライトレールは29km/hと高速である。



つまり筑豊電鉄のことじゃない?
というのが今日の問い。
前半の大部分を専用軌道としは筑豊電鉄は現在全線が専用軌道だ。
部分的に道路上(併用軌道)は北九州線がその様なスタイルであった。
1両ないし数両編成の列車が電気運転によって走行するは単行ワンマン車から2.3両の連接車を使った北九州線→筑豊電鉄の姿そのものだ。
誰でも容易に利用できる交通システムここは難しいところだが、残念ながら僕が世界で見てきたLRTからは格段に落ちる。しかしそれはソフト面でのことだ。ハード面においては筑豊電鉄の設備は欧米のLRTに伍するより勝っている。
性能面では車体幅が2,300 - 2,700mm程度、筑豊電鉄の2000形は2400mm、3000形は2430mmである。路面電車の代表車両として都電の6000形などは2210mmであり元々北九州線の電車が大型であったことからもその規格を継承している。
編成の長さはおおむね30 - 90m長さについてはそこまでの長さはない。
速度、ライトレールは29km/hと高速と速度については黒崎ー直方間が32分で16km、平均速度は30km/hと十分に満たしている。
以上、ウィキにあるLRTの定義はほぼ満たしているのではないかと思われる。

どうだろう?? ^^

逆に言うと、この条件を満たしている路面電車が日本に何件あるかというと、広島電鉄宮島線程度ではなかろうか?

欧米LRTより筑豊電鉄が優れている点もある。
全線が自動信号を持っている点である。スピードを出して良いだけの信号システムを持っている。
またその歴史が古く、北九州線も含め、昭和50年代には今と変わらない設備と体制を持っている。
筑豊電鉄自体、福岡への延長に際して建設費を抑えるためにヘビーレールでの建設を棚上げし、軌道こそライトレールでの建設を選んだがその性能面では路面電車のスペックを遥かに上回るものを作った。
そう、もしかしたら世界最初のLRTかもしれない?
と鼻息荒く思ってしまうのだ・・。
LRTがどんなものか、日本にも筑豊電鉄という素晴らしい実例があるではないか。


しかし、筑豊電鉄にはLRTになくてはならない大きな部分が抜けている。
LRTは街造りの手段である。
その目的はマイカーに依存し、市街地が延々と広がる街を止めて、公共交通を中心に集約した街造りをしようというのがコンパクトシティにしようという目的がある。この一環として公共交通の整備と保護があり、LRTという手段がある。
残念ながら北九州は筑豊電鉄という立派な手段を持っていながら、目的にコンパクトシティに向けた取り組みがない為にLRTである北九州線を廃止し、筑豊電鉄を十分に活用できていない

もったいない。

皆さんはどう思われますか?
通谷 | 投稿者 てっしぃ 18:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

バス運転席が出来ました


組立を行っていたバス運転席出来ました。
以前、イベントに使っていたものを再度組みたてました。
小さなお友達に大人気でしたが、今回は大きいお友達も安心して遊べます。^^
物は廃車になったバスの部品をかき集めて組んだもので本格的ですよ。一家に一台如何ですか??


あと、お店に転がっていた大牟田線1000形のマスコン。
何かに使えんかなぁと思っていたところ。
模型のコントローラーにする案が、分解して色々弄ってみます。
まずは昔の配線撤去。


線を繋いで色々実験してみます。
おぉ動いた動いた。1000形のマスコンで富山ライトレールが動く^^


まだ、未完成なんですが、お遊び用において置きます。

平日も13:00~20:00で営業やってます。
通谷 | 投稿者 てっしぃ 13:24 | コメント(2)| トラックバック(0)

3003ギラヴァンツ号

先ほど、お店を一時間ほど閉めさせて頂き、黒崎で新しいラッピング電車の出発式を見てきました。




去年から入庫していた3003号に地元北九州のサッカーJ2リーグ、ギラヴァンツの応援の為にラッピングが施されました。
先週からステッカーが貼っていない状態で試運転をしている姿をみかけましたが、今日やっと運転が開始されました。




15時からギラヴァンツの選手による一日駅長の出発式を行い、15:08黒崎発の運用と差し替えで2番線より出発でした。


お店からも一枚。

ふと気がついたこと、黒崎に自動券売機が出来ていました。


通谷 | 投稿者 てっしぃ 17:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日は良い天気なので

今日は良い天気なので午前中はカメラを持ってお出かけです。

さて、とりあえず黒崎方面に向けて歩き出します。
平日は必ず一本は2000形が入っているのでこれが狙いです。
最近レインボーカラーで各色が違うのでチャンスがあるときに撮っておかないと。

2003 西山ー通谷 
早速やってきてくれました。青の2003。


2003 西山ー通谷 



ここ、西山電停をサミットに三ヶ森、西山、通谷と峠越えになっています。30パーミルを超えるかなりの急勾配で唸りながら超えていきます。かつての北九州線牧山もこんな感じだったんでしょうか。
西山は一見したところでは田舎の駅の様な雰囲気です。とてもトラムが走る様な雰囲気ではありません。
周辺がすっかり都市化しているにも関わらず、この切り通し部分だけが雑木に覆われた森の中に位置する場所です。筑豊電鉄開業期はどこもこんな風情だったのでしょう。
今やこの電停周辺だけが森という非常に面白い場所です。


3004 三ヶ森ー西山
西山から三ヶ森側には公園化された池があります。
昭和50年代の西鉄ファンのバイブル、保育社の筑鉄のページではここの池と黄色2000が写っていてまだ見ぬ筑鉄にワクワクしたものです。
そういえば初めて来ました。


さらに移動して三ヶ森

3009 永犬丸ー三ヶ森


2003 永犬丸ー三ヶ森
西山とうって変わって三ヶ森は北九州市の典型的な風景になります。大きい道路が交差し、郊外店舗やマンションが並ぶ場所です。

さて、13時からはお店のオープン。
戻らねば。

通谷 | 投稿者 てっしぃ 13:55 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2010年 2月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
Web-Rail Blog 大学鉄研の大先輩にあたり、ライターをされているワシ氏のブログ。 特に西鉄電車への深い愛情と都市交通全般からの洞察を感じるブログは必見。         駅長猫コトラの独り言~旧 片上鉄道 吉ヶ原駅勤務~ 片上鉄道の駅長猫コトラのご主人 ぱぱぱ猫さんのブログ 片上鉄道北部運転分室 所謂「神」なお人です。
ホビダス[趣味の総合サイト]